ハナミズキの歌詞の意味が怖いってホント!?


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

2004年2月にリリースされた

一青窈さんの“ハナミズキ”

しっとりとしたメロディが

心地よく年数を重ねても浸透している

この楽曲を今でもカラオケで

歌っている人を良く見かけます。

 

しかし一部では

この歌の歌詞に注目して

「意味深である」「歌詞の内容が怖い」

と言われているのをご存知でしょうか?

 

では、なぜそんなことを

言われているのか解説していきましょう!

スポンサーリンク

ハナミズキを聞いてみよう!

せっかくですので、

まずはハナミズキを一度聞いてみましょう!

とても良い曲ですよね。

 

私はiTunesでもダウンロードして

一体何回聞いたことでしょうか。

 

そんなハナミズキは

後世に残したい曲と言われています。

 

ハナミズキは多くの

アーティストにカバーされています。

(森山良子さん、沢田知可子さん、

中森明菜さん、徳永英明さん、

甲斐よしひろさんなど)

 

それはひとえに

ハナミズキが楽曲として素晴らしく、

後世に残したい曲であると

多くの人が思っている証拠だと言えます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ハナミズキの歌詞の意味が怖いってホント?

2001・9・11に起こった

とても悲しい事件を覚えていますか?

 

それはアメリカの同時多発テロ。
 

 
ハナミズキはアメリカの同時多発テロの際、

「ニューヨークにいた友人からのメール」

がきっかけで生まれた楽曲である。

この事は多くの人が知っている話です。

メールを受け取って一青窈さん自らが

「傷ついた人や悲しみを抱えた人を

癒す為の曲を作りたい」

と思って製作されたようです。

 

実際に歌詞を書き上げたのは

1週間程度との事ですので

とても思いのこもった曲だと言えます。

当初はより具体的にテロの現状を

表す歌詞が入っていたようですが、

試行錯誤を重ね現在発表されている

内容に収められました。

 

今では

「君と好きな人が100年続きますように」

と言う歌詞が印象的で

披露宴など華やかな場で

多く使われている曲ですが、

実は歌詞をじっくり見てみると

「お先に行きなさい」や「舟が沈む」

などやはり幸せとは

言い難い意味合いの歌詞が含まれています。

 

その為、

「ハナミズキの歌詞の意味は怖い」

と思う人がたくさんいるのです。

 

しかし、ハナミズキには

様々な想いがあると言われています。

どんな意味があるのでしょうか?

ハナミズキの歌詞の意味は5種類?

例えばこの歌を実写化した

と言われる映画「ハナミズキ」
 

 
これは歌詞の意味を明らかに「純愛」

と捉えた映画になっています。

 

つまり、

ハナミズキの歌は聞く人によって

その意味の捉え方がまちまちです。

「①純愛を歌った曲」

「②不倫の恋を歌った曲」

「③堕胎した事を歌った曲」

「④戦争で命を落とした子供たちの事を歌った曲」

そして9・11をリアルタイムで

知っている人にはやはり

「⑤同時テロの事を歌った曲」

と言われています。

 

歌詞の意味を深読みしてしまう人には

“ハナミズキ”=“怖い歌”

といったイメージが強く残るようです。

 

しかしこれらはどの思いも

決して間違いではありません。

 

一青窈さんが歌詞に込めた意味と

聞いた人がどのように思うかは、

必ずしも一致しなくても良いと思います。

歌は聞いた人が思いを膨らませるのも

歌の楽しみ方の一つです。

 

歌いやすいから「好きな歌」

だと言う人もいます。

悲しい感じがする歌でも「好き」

と言う人はいます。

だったら怖い感じがする歌でも「好き」

であれば良いのではないでしょうか。

 

世の中に音楽は数えきれない程存在しています。

 

その中であなたの心に残った歌は

あなたがその歌に対して

何かを感じた証なのです。

 


この記事が面白いと思った方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ