キリンジ『エイリアンズ』の歌詞まとめ!その意味とは?


この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

キリンジの『エイリアンズ』という曲は

2000年10月12日に発売した

6thシングルの収録曲です。
 

独自の世界観のある歌詞が特徴で、

「この歌詞ってどういう意味?」

と話題になっています。
 

そこで今回はキリンジ『エイリアンズ』の

歌詞の意味についてまとめました。

スポンサーリンク

キリンジってどんな歌手?


 
1998年に『双子座グラフィティ』で

メジャーデビューすると注目を集め、

作詞・作曲の両方で他のアーティストへ

楽曲提供するなどの活動をしました。
 
 
兄の堀込高樹さんが弟の堀込泰行さんを

誘って兄弟で結成したバンドでしたが、

2013年春に弟の堀込泰行さんが

脱退してソロとなりました。
 

その後、兄の堀込高樹さんは新たに5人の

バンドメンバーを集めて

キリンジの活動を継続しています。
 

そんなキリンジの『エイリアンズ』は

まだ兄弟で活動していたころの楽曲で、

キリンジの楽曲らしい独特の

歌詞世界があり非常に人気のある曲です。
 

秦基博さん、ORIGINAL LOVEさんも

カバーしていて、

2017年には堀込泰行さんが

LOVERSバージョンを発表しています。
 

スポンサーリンク


キリンジ『エイリアンズ』MV

スポンサーリンク


キリンジ『エイリアンズ』の歌詞は?

キリンジの歌詞について紹介していきます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリンジ『エイリアンズ』の歌詞の意味は?

キリンジの楽曲の歌詞は、

何となくは分かるけれど

よく分からないと

言われることがあります。
 

ここでは、一つの有力な説と

歌手本人の見解を見ていきたいと思います。

◇同性愛説
 

 
『エイリアンズ』が同性愛を

うたった楽曲であるという

考察があります。
 

根拠は歌詞において

「僕らはエイリアンズ」

というように、

歌い手の一人称が「僕」であるのこと、

「鳴かないでくれダーリン」

というように恋愛の相手を

「ダーリン」と呼んでいることです。
 

「エイリアン」という言葉は、

日本では地球外生命体と表すことが

多い単語ですが、

英語では必ずしもそうではありません。
 

英語では

「外国の」「外国人」「在留外国人」「異邦の」

を表す名詞あるいは形容詞です。
 

ですので、周りとは違うことを

比喩しての「エイリアン」

という表現であると考えれば、

「禁断の果実」

という歌詞も察することが

できるでしょう。
 

◇作詞家本人の言葉


 

キリンジの堀込泰行さんがNHKに出演した際に

『エイリアンズ』について

語っていた言葉があります。
 

以下のようなものです。
 

僕たちが育った東京近郊、

西武線沿線の、

どこにでもあるような

区画整理された街だって

地方都市の象徴的な風景だと思うんです。
 

切り取り方やフォーカスの当て方を

変えることで、

つまらない街の風景も

ロマンチックなものにできるんじゃないか、

そうした試みに意味があるんじゃないか

と信じてこの曲を書きました。
 

作詞家本人がこのように語っているので、

ロマンチックさを表現するために、

あえてよくわからない

抽象的な表現を多用した、

という見方もあります。
 

色々な考察はありますが、

考察すること自体が目的でないなら、

まだ堀込泰行さんは活動していますので、

本人に聞くのが一番確実でしょう。
 

どうしても、

正解の意味が知りたいならば、

ファンレターを送ってみてはいかがでしょうか。
 


この記事が面白いと思った方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ