ケツメイシ「さくら」のpv女優って誰?現在は?

カテゴリ「邦楽
2018.12.01

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

最近はCS放送で様々な音楽ランキングを

pvで放送しているので、

懐かしいと感じながら見ている方も多いです。

 

そこで気になるのが

ケツメイシの「さくら」なのです。

 

10年以上経過した今でも歌とpvの

コラボレーションが素晴らしく、

たまたま見たCSの後

YouTubeで検索する方も多いようです。

 

「さくら」はケツメイシの

代表曲とも言えますが、

当時から今もずっと話題なるのが

「pv女優って誰なの?」

ということです。

今回はそんな

ケツメイシの「さくら」

についてまとめました。

歌詞和訳「依頼はこちら」
オンライン英語添削[アイディー]

ケツメイシ「さくら」のpv!

ケツメイシ「さくら」ってどんな曲?

ケツメイシは1993年に

結成された人気の音楽グループです。

名前の由来は

中国の下剤に使用されている薬草決明子で、

全てを出し尽くす

という後付けのお話は有名です。

 

そんなケツメイシの

最高売り上げを記録した「さくら」

 

2005年にリリースされたのに

今でも春に聞きたい曲として選ばれています。

 

多くの人に言われている魅力は歌詞にあり、

切ない歌詞はとても魅力的です。

 

もし歌詞をゆっくりと見たことが

無い方がいるのならば

一度確認して見てください。

「変わらない香り景色風、

違うのは君がいないだけ」

「目を閉じればあの日に戻れる」

この内容だけで切なさが伝わってきます。

 

多くの方が共感でき、

味わったことのあるような物語、

それが「さくら」の魅力ではないでしょうか。

 

恋愛において別れを

経験していない方は少なく、

ほとんどの方が

切ない別れを経験しているのです。

 

そしてこの歌詞に対して

うつし出されるpvが最高なのです。

ケツメイシ「さくら」のpv女優って誰?現在は?

ここに登場していた

女優は「鈴木えみ」さんです。

北川景子さんと間違われる方も居るようで、

そのことからも奇麗だ

という事が良く分かりますよね。

 

1999年で鈴木えみさんは中学2年生、

その時にあの有名な雑誌

「セブンティーン」の専属モデルに

なったのが芸能界入りのきっかけです。

 

セブンティーンでは大人気でしたが、

その後「鈴木えみ」さん専用雑誌と言っても

過言ではない雑誌「PINKY」の

モデルになります。

 

2006年から

「ギャルサー」「嫌われ松子の一生」

2007年には

「有閑倶楽部」

など、本格的に女優をやっています。

 

2013年に一般男性と結婚し、

その年にお子さまも出産されました。

 

産後もスターダストプロモーションに

所属しており、

pvに出演していた時とは

違う綺麗さを保たれている印象です。

 

今でも、

雑誌「s ’ e e e 」。の編集長

雑誌「MAQUIA」「sweet」

「mini」「美人百花」「ar」のモデル

など活躍は目覚しい方です。

 

鈴木えみさんは当時から変わった

という意見を多く見ることができます。

 

もちろん子供を一人生んでいるので、

女性が変わるきっかけとしたら

十分ではないでしょうか。

 

しかし、

「さくら」のpvに出演していた彼女は

間違いなく歌のイメージ通りの女性と思います。

 

「さくら」の歌詞、pvを同時に見ると

切なくなる事間違いなしです。

 

たまに聞いてみるのも良い、

お勧めな一曲となっていますね。
 

※歌詞和訳の依頼はこちらから


この記事の監修者

海外Music.jp
海外Music.jp
主に洋楽の和訳をしているサイトです。皆さんからの「そんな意味だったんだ!ここの意味は~じゃない?」などのコメントを頂き、楽しく運営しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ