「ジュピター」歌詞まとめ!その意味とは?(平原綾香)


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

「Jupiter(ジュピター)」

と言えば10年以上前にヒットした、

平原綾香さんの歌です。
 

彼女は洗足学園音楽大学

ジャスコース・サックス専攻を

卒業したのですが、

実は彼女は13歳の時に

アルトサックスを始めたそうです。
 

平原綾香さんの広い世界観を

感じさせる歌声は、

長年のサックス経験も大きく

関係しているのでしょう。
 

では、

今回はそんな平原綾香さんの

「ジュピター」の歌詞や

その意味を見てみましょう。

スポンサーリンク

「ジュピター」のPV!

スポンサーリンク


「ジュピター」ってどんな曲!

平原綾香さんの「ジュピター」は、

イギリスの作曲家「ホルスト」の

「惑星:第4曲:木星 快楽をもたらす者」

が原曲となっています。
 

 
平原綾香さん自身が日本語の歌詞で

「ホルスト」の原曲を歌うことを提案し、

作詞は吉元由美さん、

編曲は坂本昌之さんが担当しました。
 

2006年5月28日に発売された

シングルCDの出荷枚数が

100万枚を突破しました。
 

さらに、

着うたのダウンロード件数も160件を

突破した超人気曲と言えるでしょう。
 

スポンサーリンク


「ジュピター」の歌詞まとめ!


 

 

 

 

 

 

「ジュピター」の歌詞の意味とは?


 
「ジュピター」の歌詞の中でも

以下の部分に関しては、

平原綾香さんの書いた言葉です。
 

  • Every day I listen to my heart
  • 私のこの両手で 何ができるの?
  • ありのままでずっと 愛されている
  • いつまでも歌うわ あなたのために

これらに着目して

歌詞全体を見なおしてみてはいかがでしょう。
 

平原綾香さんの「ジュピター」の歌詞には、

フジテレビ放送の

「ザ・ノンフィクション

『短い命を刻む少女:アシュリーの生き方』」

の影響もあります。
 

平原綾香さんの「ジュピター」は

下記のように色々なシーンで

使用されました。

  • TBS系列ドラマ
  • 「3年B組金八先生」第7シリーズ

  • 新潟県中越地震
  • 被災者を元気づける応援歌

  • 20005年から長岡まつり大花火大会
  • 復興祈願花火「フェニックス」BGM

  • FNS音楽特別番組
  • 第58回NHK紅白歌合戦

今もなお聞き続けられている

名曲となったんですね。
 


この記事が面白いと思った方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ