「天使だと思っていたのに」の全歌詞、意味、解釈を解説!

カテゴリ「邦楽
2020.06.24
天使だと思っていたのに

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

バーチャルアイドルの

先駆けと言えば「初音ミク」です。

 

現在ではキャラクターの人気の高さから、

フィギュアとして販売されたり

ゲームやCGライブなど

数多くの活動を行っています。

 

そんな初音ミクが2018年2月1日に

リリースした音源、

「鬱P」のヒットソング

「天使だと思っていたのに」です。

 
今回はこの曲の

歌詞から楽曲に込められた意味

を探っていきたいと思います。
 

歌詞和訳「依頼はこちら」
オンライン英語添削[アイディー]

「天使だと思っていたのに」動画

 

「天使だと思っていたのに」ってどんな曲?


 
「天使だと思っていたのに」の作詞作曲は

数々のVOCALOIDオリジナル曲を

投稿している「鬱P」です。

 

今回の楽曲以外にも初音ミクを

使用した楽曲をいくつも制作しています。

 

「鬱P」が作る音楽の特徴は

  • 『ラップ』
  • 『シャウト』
  • 『スクリーム』
  • 『グロウル』

などを多く使う事で

重厚な音楽に仕上げていることです。

 

プロデューサー名の「鬱P」からも分かる通り、

歌詞はいわゆる”中二病の楽曲”

が多い傾向があります。

 

今回の「天使だと思っていたのに」

はスマホゲーム

「#コンパス 戦闘摂理解析システム」に出てくる

「13†サーティーン†」のテーマ曲

として使われています。
 

 
キャラクターの後ろで流れる

この曲はキャラを引き立てる

まさにぴったりの楽曲となっています。
 

「天使だと思っていたのに」の歌詞紹介!

天使だと思っていたのに

天使だと思っていたのに
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「天使だと思っていたのに」の歌詞の意味、解釈は?

天使だと思っていたのに
 
ではここからは

”天使だと思っていたのに”の歌詞に

鬱Pが込めた気持ちを

推察していきたいと思います。

 

①「周りのみんなと同じ天使だと思っていた
肌の色、輪の色、瞳も同じだった」

→見た目は他の天使と一緒。

だけど自分だけ何かが違う…。

 

そんな外観を気にする気持ちを表現です。

 

②「取り柄にすらなりえない
「当たり前」をこなせる
周りのみんなと同じ天使だと思っていた」

→周りの天使が苦労もなくできる事が、

自分にだけできない劣等感。

自分もみんなと同じ”天使”なのに…。

 

自信のない様子を表しています。

 
・じわり開いてく差に なんの疑いも持たずに
 周りのみんなと同じ天使だと思っていた
 →同じことをしていても徐々に話されていくのは自分だけ。
  見てくれは同じでも自分だけはみんなと同じ天使じゃないんだ…。

・何度も励まされ 何度も肩押され
 一聞いて十を知れと教わった
 →同じはずの”天使”たちから励ましや煽りを受ける始末…。

・天使は制服を脱ぎ 背広上下に着替え
 誰に倣ってもいないのに暮らしている
 →天使でいることを辞め、違う暮らしは人に聞かなくても出来ている。

・正しい「暮らし」が出来ず いつも散漫な仕事ぶり
 周りのみんなと同じ事が出来なかった
 →天使を辞めたら人と同じになれると思っていた。
  でも結局、どこででも人と同じにはなれなかった…。

・周りのみんなのように生きられると思っていた
 →自分の望みはたった一つだったのに。”人と同じように生きたかった”

ネガティブなのに共感する人続出!?

歌詞
 
歌詞を見ると人が日ごろから

思っている気持ちがたくさん

ちりばめられており、

とてもリアル感がある楽曲だと

言うことがわかります。

 

誰にでも

「人ができている事が自分にはできない」

そんな経験があるはず。

 

そしてそれと同時に

以下のような気持ちを抱いてしまいます。

 
・決して人から見下されている

わけではないが、

自分自身に劣等感を感じてしまう。

 

・出来ないことでそれまで

持てていた自信を喪失してしまう。

などなど…

 

これらの事は面と向かって

誰かに言われているわけではありませんが、

この曲を聞くと日常生活に対しての

マイナスイメージが

ふつふつと沸き上がってきてしまうのです。

 

今回の”天使だと思っていたのに”は

ネガティブな方向へ進む可能性が

とても大きな楽曲です。

 

初音ミクが好きな人や

ボーカロイド曲が好きな人は

抵抗が無いようですが、

一般的な人が落ち込んでいたりする時に

聞くのはちょっと控えた方が

良いかもしれませんね。

※歌詞和訳の依頼はこちらから


この記事の監修者

海外Music.jp
海外Music.jp
主に洋楽の和訳をしているサイトです。皆さんからの「そんな意味だったんだ!ここの意味は~じゃない?」などのコメントを頂き、楽しく運営しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ