鈴木このみ「This game(ディスゲーム)」の歌詞、意味を徹底考察!

カテゴリ「邦楽
2020.05.24

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

2013年に、

「このライトノベルがすごい!」に選ばれた

「ノーゲーム・ノーライフ」

 

このゲームの世界をテレビアニメ化した際の

オープニングテーマとして起用されたのが

歌手:鈴木このみさん

歌:「This game」

になります。

 

テンポよい楽曲が人気で、視聴者からも

「どんな意味が込められているんだろう?」

と数々の話題が持ち上がりました。

 

そこで今回は

「This game(ディスゲーム)」歌詞、意味

について紹介していきます。
 

歌詞和訳「依頼はこちら」
オンライン英語添削[アイディー]

「This game」の本人映像は?

「This game」のアニメOPは?

「This game」ってどんな曲?作品内容は?


 
全日本アニソングランプリ受賞者

「鈴木このみ」さん

の6枚目シングル曲です。

 

ゲームの世界観を象徴するように、

歌詞にもゲームを連想させる

様々なワードが組み込まれています。

 

作品の物語は

主人公は現実世界では「オタク」
しかしゲームの世界では無敗を誇る
『 』(くうはく)を名乗るプレーヤー。
ゲームで物事が決まる世界に突如招かれ、
様々なゲームに挑み
勝ち上がっていく様が描かれています。

 
内容に沿うように「This game」では

歌の世界の頂点を目指す道のり

が歌われています。

 

力強い歌声、ノリのよいバンドサウンドの中に

ピアノが存在感を示した楽曲となっています。
 

「This game」の歌詞紹介!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「This game」の歌詞の意味紹介


 
オープニングテーマである

「This game」は

ノーゲーム・ノーライフの世界観と

主人公の成長を言葉で追っています。

 

ではどの部分がどのように

交わっているのかを見てみましょう。

 

①「回り続ける 歯車には成り下がらない」
 

 
通常歯車は一定の方向にしか回らないが、

「自分はそんな動きしか

できないようにはならない!」

という強い思いが感じられます。

 

主人公の「誰にも支配されない」

と言う心を違う言葉で表現しています。

 

②「遊び半分で 神が導いた 盤上の世界」
 

 
アニメの中で、主人公は

”誰”が”どのようにして”かは

明かされないまま、いきなりゲームの世界に

取り込まれてしまいます。

 

歌詞の中ではそれを”神の仕業”

とするアニメの舞台設定を

そのまま歌詞にしています。

 

③「変えてやる 染まらない空白で」
 

 
ゲームの世界で主人公は

自分たちの事を『 』(空白)

と名乗っています。

 

この部分には、ゲームの支配者にも

敗者にも染まらない

”自分たちの色”を

想像しているのかもしれません。

 

④「駆け引きと 才能が 無敗誘う」
 

 
交渉,戦略を得意とする兄「空(そら)」

数学、物理性を得意とする妹「白(しろ)」

この二人を指した表現ですね。

 

その実力で無敗、勝利を勝ち取る

作品にぴったしのフレーズでは。

 

⑤「生まれ直した命で、楽しむさ」
 

 
違う世界に呼ばれ

改めて生まれ直したという表現。

ゲームの世界で昇り詰める二人にとっては

楽しむというのがぴったしですね。

 

どうでしたか。

こちらの「ノーゲーム・ノーライフ」と

「This game」はぴったりな感じですね。

 

アニメのファン、鈴木このみさんのファン

両方ともに納得の一曲なのではないでしょうか。

 

「ノーゲーム・ノーライフ」も

「This game」も知らないという方には

ぜひこの両方を見て聞いてほしいと思います。

※歌詞和訳の依頼はこちらから


この記事の監修者

海外Music.jp
海外Music.jp
主に洋楽の和訳をしているサイトです。皆さんからの「そんな意味だったんだ!ここの意味は~じゃない?」などのコメントを頂き、楽しく運営しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ