「声を枯らす」簡単な方法5選!ドライヤーはNG!?

声枯らす

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

女性でも男性でも

ハスキーな声って魅力がありますよね。

 

そんなことから

「声を枯らしたい」

という願望を持つ人は実は多いのです。

 

そんな中で、流行っているのが

「ドライヤーを使う」

という方法です。

 

後ほど説明しますが、

この方法はできればやめて下さい。

 

今回は「安全+簡単」に

声を枯らす方法を

紹介したいと思います。

読者4万人突破記事!
Queen「We Will Rock You」歌詞和訳!

お勧め度☆1「ドライヤーで声を枯らす」

ドライヤー

これは今回の中で最もお勧めできない

「危険な声を枯らす方法」

となりますので注意を。

 

ネットでドライヤーを口内に向けて

熱風を出し続ける方法が紹介され、

たくさんの犠牲者が出ています。

 

そもそもドライヤーは

髪の毛を乾かすもので、

思っているより高出力です。

 

もちろん高熱が口の中に

長時間充満させようものなら。。。

「口腔内熱傷の危険性」が高いです。

 

さらに、舌、上顎、下顎、歯に

対してまで

悪い影響を与える可能性があるので

行わない方が賢明でしょう。

 

声を枯らすには、

「口を乾燥させること」という一文で

こういう発想が出てしまったようです。

お勧め度☆2「刺激物で声を枯らす」

喉

では、もう少し

「危険性の少ない声を枯らす方法」

を見てみましょう。

 

喉を傷めつけて声帯に負荷をかけると

そこから発せられる声にも変化が起こります。

 

つまり、喉に影響のある

「刺激物」を使います。

 

まず、強力なのはお酒のアルコール成分。

喉を攻撃する要素となり、

継続して続けると

声は枯れていく可能性が高いでしょう。

 

また、お酒が苦手な人は

「辛い物を食べる」

というのでも影響が出ます。

 

ですが、辛い物を食べ過ぎると、

胃腸への負担は大きく

後々大変な事になります。

 

同様に、からし、わさび等の香辛料を

直接声帯に塗布。

イソジン等の高濃度溶液を直接

声帯に塗布するなどもありますが、

これも同じく声帯を傷つけることになります。

 

つまり、これらの方法は

喉だけでなく体にも

負担をかける事になりますので

”健康を害する恐れがある”

と言う事を忘れないで下さい。

お勧め度☆3「一時的にすぐ声を枯らす」

声

では、簡単に

「短時間だけ声を枯らす方法」

はあるのでしょうか?

 

これは、偽の電話で仮病を

装うような場合等が想定されます。

 

そういった時は、電話する前に、

五十音を唸る(うなる)という方法です。

 

その後、すぐに電話を掛けて、

「今日、風邪ひいたので休みます」

でOKです。

 

事前にうなる声で練習し、

その声で話すと枯れている声に

かなり近い声になります。

 

また、今ではスマホアプリで

「仮病袋」というものがあり、

咳き込み状態を

演出してくれるものとの併用で、

相手方は完全に

信用してくれる声が出せるでしょう。

お勧め度☆4「簡単に声を枯らす」

簡単

では、

「健康を害さない声を枯らす方法」

はあるのでしょうか?

 

そんな喉に負担をかける簡単な方法として

単純に「大声を出す」という方法です。

 

広い場所で大声で歌を歌う、

日頃の不満をぶちまける、

「あー」や「おー」

など意味のない言葉を発します。

 

これは必ず喉が痛くなり、

徐々に声が枯れてきます。

 

デメリットとしては場所の問題です。

 

お勧めは車の中、カラオケあたりでしょうか。

 

家でやる場合は布団にくるまり

ストレス発散アイテム「叫びのツボ」

などを使うとほとんど聞こえないので

お勧めです。

(キャッシュレス5%還元) 《100円クーポン配布》 特典【送料無料+即納+ポイント】 叫びの壷 大声で叫びのツボで叫びましょう さけびのつぼ TVでも紹介されている話題の商品 さけびの壷 叫びのつぼ さけびのつぼ 叫びの壺

声を出すことは

実はカロリーもかなり消費するので

ダイエット効果があり、

さらにさらに、大声を出すのは

ストレス発散効果まで。

 

人によって枯れるまでの時間は違いますが、

ストレス発散目的で

チャレンジしてみてはどうでしょうか?

お勧め度☆5「永続的に声を枯らす」

枯れる

やはり、声を枯らしたい!

と思う人にとっての願いは

「ずっと枯れた声になる」ことでしょう。

 

そもそもハスキーボイスは、

声帯が生まれつき低音域を出すように

出来ている人の特徴になります。

 

つまり、この場合は当然、

毎日の練習が必要になります。

 

まず、声帯の発声原理である声帯の

「ふるえ」を鍛える必要があります。

 

大声を出して

声帯を鍛えることもできるので、

単純に毎日短時間だけ発声練習のつもりで

低音域を大声で出すようにしてください。

 

長時間であったり、

痛みを感じるほどの大声は危険です。

 

声帯にポリープなどが

出来る原因にもなりますので

やり過ぎは注意して下さい。

 

毎日少しで良いのでやっていくと

自然と声帯が自然と

低音域を発してくれるようになります。

 

どうでしたか?

声を枯らすと言ってもやり方は多種多様です。
 
 

自分がどの程度耐えられるのか?
 
声を枯らすのに

どれくらいの期間を費やせるのか?
 
また、一旦枯らしてしまった声を

元に戻すのか戻さないのか?
 
 

これらの事もきちんと考えた上で

実施して下さいね。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ