スパイダーマン主題歌「Hero」歌詞和訳!その意味とは?(Chad Kroeger)

カテゴリ「主題歌 男性アーティスト曲 映画
2019.04.19
2020.04.14

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今回はマーブルヒーローシリーズで人気の

スパイダーマンのエンディングトラップに

使用され名曲です。

歌手:Chad Kroeger

が歌う「Hero」

歌詞和訳、意味をまとめました。
 

歌詞和訳「依頼はこちら」
オンライン英語添削[アイディー]

PV視聴

 

「Hero」ってどんな曲?

Heroは2002年公開の映画

「スパイダーマン」

のエンディングトラップに

使用されている曲です。
 

演奏しているのは作者でもある

カナダのロックバンド

「ニッケルバック」のヴォーカル兼

ギタリスト、チャド・クルーガーです。

 
ニッケルバックは全世界で

アルバムを4000万枚以上

売り上げるカナダを

代表するロックバンドです。
 

彼らのサウンドはハードな中にも

どこかメロディアスで

アコースティックなエッセンスがあり、

聴くものを魅了する音楽です。
 

Heroの歌詞には

ヒーローを待つのではなく、

自分自身がヒーローとなり

愛する存在を助けるんだ

というメッセージが込められています。
 

映画のキャッチコピー

「運命を受け入れろ」

「大いなる力には、大いなる責任が伴う」

を後押しするような

内容となっていますね。
 

「Hero」歌詞和訳!

俺はとても高い場所で、
天の声が聞こえる。
俺はとても高い場所で、
天の声が聞こえる。
ああ神よ、俺の声をあんたは聞いてくれない

ヒーローなら俺たちを救えると奴らは言うが
でも俺は立ち止まってたまるか
鷹の翼にしがみついてやるぜ
俺たちが飛び去るのを見てるがいいさ

愛が全部俺たちを救うって誰かが言った
でも そんなことないだろ?
愛が俺たちにくれたものをみろ。
世界は殺傷と流血で溢れているぞ。
そんな世の中はて来ないだろ。

ヒーローなら俺たちを救えると奴らは言うが
でも俺は立ち止まってたまるか
鷹の翼にしがみついてやるぜ
俺たちが飛び去るのを見てるがいいさ

今世界に終わりなんてないのさ、
俺がお前に愛を送ろう
俺が恐れるヒーローの
愛なんかじゃないぜ

ヒーローなら俺たちを救えると奴らは言うが
でも俺は立ち止まってたまるか
鷹の翼にしがみついてやるぜ
俺たちが飛び去るのを見てるがいいさ

そして彼らは俺たちを見ているさ
俺たちが飛び立つのを見ている。
そして彼らは俺たちを見ているさ
俺たちが飛び立つのを見ている。
そして彼らは俺たちを見ているさ
俺たちが飛び立つのを見ている。

※歌詞和訳の依頼はこちらから


この記事の監修者

海外Music.jp
海外Music.jp
主に洋楽の和訳をしているサイトです。皆さんからの「そんな意味だったんだ!ここの意味は~じゃない?」などのコメントを頂き、楽しく運営しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ