「Englishman In New York」歌詞和訳!その意味とは?(Sting & The Police)


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

この曲はニューヨークに住む

多くの人の心を魅了した名曲です。

 

今回は心に響く歌詞を含んだ

歌:Englishman In New York

歌手:Sting & The Police

歌詞和訳、意味まとめました。
 

読者4万人突破記事!
Queen「We Will Rock You」歌詞和訳!

PV視聴

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


「Englishman In New York」ってどんな曲?

Sring & The Policeの

『Englishman In New York』は、

Stingの代表曲になります。
 

とにかく歌詞が素晴らしい

といわれているStingは、

Englishman In New Yorkでも

ニューヨークに住むイギリス人の

心を描いています。
 

Stingはイギリス人です。
 

英語圏であるイギリスやアメリカは

一見同じように見えるけれど、

やはり何かが違い

アメリカに住んでいても

自分がイギリス人であることが

異邦人であることを思い知らされる。

そんな思いを書いた

Englishman In New Yorkは、

多くの人の心を強くつかんで離しません。
 

Stingは、ご存知元

The Policeのフロントマンでした。
 

Englishman In New Yorkは

彼がソロになって出した

『Nothing Like The Sun』

からのシングルカットになります。
 

「Englishman In New York」歌詞和訳!


コーヒーは飲まない、紅茶をくれよ
トーストは片面だけ焼くのがいいんだ
話した時 僕に訛りがあるよね?
僕はニューヨークで暮らすイギリス人さ
 

5番街を歩く僕を見てよ
杖と一緒にさ
どこへ行くにも一緒さ
僕はニューヨークで暮らすイギリス人さ
僕は合法なよそ者なんだよ
 

僕はニューヨークで暮らすイギリス人さ
僕は合法なよそ者なんだよ
僕はニューヨークで暮らすイギリス人さ
 

誰かが言った
「礼儀動作が人を創る」が確かなら
彼は ある日の英雄ってことさ
できる奴は無知を気にかけず
笑ってみせるんだ
誰が何と言おうと自分らしくいけよ
 

僕は合法なよそ者なんだよ
僕はニューヨークで暮らすイギリス人さ
僕は合法なよそ者なんだよ
僕はニューヨークで暮らすイギリス人さ
 

謙虚や礼儀正しさは 
悪い噂を招くかもしれない
君は君らしく人として
人生を終えることができる
紳士さや真面目さは
この社会では滅多に
出会うことないかもね
 

夜にもなればロウソクの火も
太陽より眩しいものさ
いい男になるには
戦闘服を着るだけじゃないんだ
銃のライセンスでもだめさ
 

敵と出会ったら可能な範囲で避けるんだ
紳士は決して走らず堂々歩くんだよ
誰かが言った
「礼儀動作が人を創る」が確かなら

彼は ある日の英雄ってことさ
できる奴は無知を気にかけず
笑ってみせるんだ
誰が何と言おうと自分らしくいけよ
 

僕は合法なよそ者なんだよ
僕はニューヨークで暮らすイギリス人さ
僕は合法なよそ者なんだよ
僕はニューヨークで暮らすイギリス人さ
 


この記事が面白いと思った方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ