Hey Judeの意味とは?歌詞和訳解説付き!


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

今回は世界における

有名歌手The Beatlesによる

18枚目のシングルにして

なおヒットしたになった名曲です。

 

The Beatlesを知らない人でも

聞いたことはあるのではないでしょうか?

 

そんな

歌:Hey Jude

歌手:The Beatles

洋楽歌詞和訳意味を紹介したいと思います。
 

PV視聴!

スポンサーリンク


Hey Judeってどんな曲?

『Hey Jude』は、

The Beatlesのヒット曲のひとつです。
 

1968年8月に発表し、

The Beatlesでは

18枚目のシングルになります。
 

Hey JudeもLet It Beに次いで

ローリングストーンの選ぶ

オールタイム・グレイテスト・ソング

500に掲載され、

ランキング8位を獲得しました。
 

タイトルのJudeは

男性の名前として

使われることが多いのですが、

女性名のJudith(ジューディス)

の愛称としても使われることがあります。
 

事実、Hey Judeは

ジョン・レノンと

当時の妻であるシンシアの破局の際、

ポールが2人の息子ジュリアンを

励ますために作った曲と言われています。
 

そのため、初めはタイトルを

『Hey Jules』として

構想されたと語っています。
 

スポンサーリンク


Hey Jude歌詞和訳!


おい、ジュード。落ち込んでんじゃない。
悲しい歌さえ、明るい曲にしてみせなよ
彼女をお前の心に居させてやれよ
そうすりゃいいんだよ。
 

おい、ジュード。びびるなよ。
飛び出して、彼女を捕まえてこい
彼女を受け入れる事が出来たら
全てが好転するんだぜ
 

どんな時でもつらいと感じたらさ、ジュード、
一人で背負い込むんじゃないぞ
わかんねえのか、冷静にやるのは無駄さ
自分の世界を冷めきってみせてもさ
 

おい、ジュード。期待はずれはやめてくれ
彼女を見つけたのなら、すぐに抱きしめにけよ。
彼女を受け入れる事が出来たら
全てが好転するんだぜ
 

いろいろと試してみて始めようぜ、ジュード
誰かをまってるんだろ。
気付こうぜ、自分でやるしかないんだ
お前自身の中でやることわかってるだろ
 

おい、ジュード。落ち込んでんじゃない。
悲しい歌さえ、明るい曲にしてみせなよ
彼女をお前の心に居させてやれよ
そうすりゃいいんだよ。
 

iTunesダウンロード

ダウンロードはこちらから

Story Of My Life

 


この記事が面白いと思った方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ