「Honky Tonk Women」歌詞和訳!その意味とは?(The Rolling Stones)


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今回はイギリスやアメリカで

シングルチャート1位を

記録した有名な洋楽です。
 

今回はそんな洋楽の定番

といっても疑いなき1曲

歌:Honky Tonk Women

歌手:The Rolling Stones

歌詞和訳、意味をまとめました。
 

読者4万人突破記事!
Queen「We Will Rock You」歌詞和訳!

「Honky Tonk Women」PV視聴!

スポンサーリンク


「Honky Tonk Women」ってどんな曲?

The Rolling Stonesの

『Honky Tonk Women』は、

1969年にヒットした

ジャガー=リチャーズ作詞作曲の曲です。
 

イギリスやアメリカで

シングルチャート1位を記録したほど、

The Rolling Stonesを

代表とする曲になります。
 

ファンはもちろんのこと、

洋楽を聴いている人なら定番の曲

といって良いでしょう。
 

また、ブライアン・ジョーンズ後任の

ギタリストであるミック・テイラーが

参加して最初の

シングル曲にもなります。
 

1969年以降、ツアーでは

The Rolling Stones

に欠かせない曲となっています。
 

そのため、

収録されたライブアルバムは多数あり、

リックス・ツアーの後の

ライブアルバム(ライブ・リックス)

のジャケットには、

ツアーで使用されたアニメーションが

そのまま使われました。
 

スポンサーリンク


「Honky Tonk Women」歌詞1番和訳!


メンフィスのジンの匂いの染みつく
バーで女に会ったのさ。
2階に連れ込みたくて,
向こうも必死に頑張ったろうさ。
 

俺ときたら肩で担いで,支えてもらってやっとだ
どうもこうもなかった状態さ。
どれだけ飲んだって,
俺の中から消えなかったんだ。
 

安っぽいバーの女たち
場末のバーに合うような
「歌声」で歌ってくれよ。
 

「Honky Tonk Women」歌詞2番和訳!


ニュー・ヨークで離婚者と一夜を越した
多少のいざこざなんていう
揉め事もあったがな
 

その後は,バラの花の中に包まれるような
最高の気分だったんだぜ。
至れり尽くせりで本当に満足だったさ。
 

安っぽいバーの女たち
場末のバーに合うような
「歌声」で歌ってくれよ。
 


この記事が面白いと思った方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ