「Living on a Prayer」歌詞和訳!その意味とは?(Bon Jovi)


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

この曲は多くのアーティストによる

カヴァーが多いですね。
 

そんな世界中で話題となった

歌:Living on a Prayer

歌手:Bon Jovi

歌詞和訳、意味をまとめました。
 

「Living on a Prayer」PV視聴!

 

スポンサーリンク


「Living on a Prayer」ってどんな曲?

Bon Joviの

『Living on a Prayer』は、

1986年に発売されたシングルです。

 

この曲で登場するカップル

「トミーとジーナ」は

1988年のアルバム『New Jersey』

2000年のアルバム『Crush』

でも登場しています。
 

多くのアーティストがカヴァーしており、

Bon Joviの代表曲の

ひとつになります。
 

そのため、はじめて

Bon Joviを聴く人にも

おすすめの1曲です。
 

Living on a Prayerは、

ビルボードホット100でも

4週連続1位を記録したほど

ヒットしました。
 

Bon Joviを知らない方でも、

一度は耳にしたことがあるかもしれません。
 

映像は、前半にリハーサルシーンを、

後半にライブシーンが映し出されます。
 

この映像は、MTVで

へヴィーローテーションされるほどでした。
 

スポンサーリンク


「Living on a Prayer」歌詞和訳!


(昔の話をしよう
そんなに昔ってわけでもないけどな)
トミーは港で働いていたが
組合のストライキをしていたんだが
彼は運がなかったんだな
これはかなりきついことだったのさ
 

ジーナは食堂で日中働きっぱなし
彼のために働き詰めさ
彼女は給料を家に入れていたんだ
それが彼女の愛のためさ
 

彼女は言うには、一度手にしたものは
手放しちゃいけないってこと
曰く、何も変わらないんだって
成功しても失敗しても
2人で一緒にいられるなら良いんだってさ
愛があれば、上手く進むものさ
 

私たちはまだ道中にいるけど
自分たちを信じてここまで来た
私の手を握って、上手くやっていけるさ
祈りながら生きてこう
 

iTunesダウンロード

ダウンロードはこちらから

Living on a Prayer
 


この記事が面白いと思った方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ