「いとしのレイラ」歌詞和訳!その意味とは?(Eric Clapton)


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

今回はロックの中でも愛を歌った代表曲。
 

そして現在でも多くの人、メディアに

利用されている曲

歌:いとしのレイラ

歌手:Eric Clapton

歌詞和訳、意味を見ていきたいと思います。
 

「いとしのレイラ」PV視聴!

 

スポンサーリンク


「いとしのレイラ」ってどんな曲?

『いとしのレイラ』は

Eric Claptonの

代表曲のひとつです。
 

Eric Claptonが加入していた

Derek and the Dominos

の代表曲でもあり、

今でも語り継がれている

有名な曲です。
 

ロックの代表的な

ラブソングとして多くの人に

愛されています。
 

いとしのレイラというタイトルは、

ペルシア文学の古い詩からきており、

『ライラとマジュヌーン』から

インスパイアされた

と本人が語っています。
 

そのため、自叙伝でも

ライラとマジュヌーンの物語について

『深く心を動かした』と語っています。
 

アルバムのタイトルにもなっていますが、

ヒットした反面発売当時は

評判が悪かったとも言われています。
 

しかしその後多くの批判と賞賛を得ており、

現在では傑作として評価されています。
 

スポンサーリンク


「いとしのレイラ」歌詞和訳!

君は一人になったらどうする?
誰も君に寄り添ってくれないとしたら?
君は長期間隠れて逃げ続けてきたんだね。
それが君のバカげた意地だって
気付いているだろ。
 

レイラ、君は俺にひざまづかせるんだ
レイラ、お願いだよ、愛しい君
レイラ、この不安でしかたない心を
落ち着かさせてくれよ。
 

君を慰めようとしたさ
昔の男のせいで落ち込んだ時にさ。
バカみたいに君に惚れ込んだんだ。
俺の世界が引っくり返ったんだ。
 

レイラ、君は俺にひざまづかせるんだ
レイラ、お願いだよ、愛しい君
レイラ、この不安でしかたない心を
落ち着かさせてくれよ。
 

最高の状況を作ろうじゃないか。
狂おしいままのうちにさ。
方法はないなんて言ってくれるな。
俺の愛が無意味なんて言わないでくれ。

 

レイラ、君は俺にひざまづかせるんだ
レイラ、お願いだよ、愛しい君
レイラ、この不安でしかたない心を
落ち着かさせてくれよ。
 

iTunesダウンロード

ダウンロードはこちらから

いとしのレイラ
 


この記事が面白いと思った方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ