「デスティニーズ・チャイルド」ってどんな歌手?経歴から最大ヒットソングまで紹介!

カテゴリ「歌手
2020.12.17
デスティニーズ・チャイルド

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

アメリカのR&B歌手グループである

デスティニーズ・チャイルド。

 

世界的トップアーティストである

ビヨンセが在籍していたことでも有名ですよね。

 

デビュー以来、

アルバム売上げは3000万枚以上にものぼり、

解散した今でも

世界的ガールズグループとして知られています。

 

今回はそんなデスティニーズ・チャイルドの

経歴からヒット曲などを

紹介していきたいと思います。

歌詞和訳「依頼はこちら」
オンライン英語添削[アイディー]

「デスティニーズ・チャイルド」は経歴は?

結成は1990年、

ビヨンセを中心として4人組のグループとして、

地元のテキサス州ヒューストンで

活動を始めます。

 

結成当初は「Girl’s Tyme」

という名で活動をしていました。

Girl's Tyme

ビヨンセの父が当時働いていた会社を退職して

マネージャーに専念し、

聖書からの引用で「運命の子」を意味する

「デスティニーズ・チャイルド」

と名前を変え、本格的な活動に入ります。

 

そしてクリスティーナ・アギレラや

TLCのツアーの前座を経験し、

1998年にはデビューシングルが発売され、

全米チャートで3位を記録します。

「デスティニーズ・チャイルド」は最ヒットアルバムは?

まず、数々の著名人のプロデュースを受けた

デビューアルバム「Destiny’s Child」

を発売し、高い評価を受けました。

デビューアルバム

その翌年、

2ndアルバム「The Writing’s on the Wall」

を発売し1000万枚もの売り上げを出すものの、

メンバー2人が突然脱退します。

 

新メンバーを迎え入れ、

最終的にビヨンセ、ケリー、ミッシェルの

3人編成のグループとなります。

 

程なくして、

映画「チャーリーズ・エンジェル」の

主題歌「Independent Women」が

全米ビルボードチャートで

11週連続1位の大ヒットとなります。

 

勢いに乗っていたグループは、

2001年メンバーのビヨンセ初の

本格プロデュースで、

3rdアルバム「Survivor」

をリリースします。

Survivor

これがグループにとっての初の全米1位に輝き、

世界中の14カ国でも1位を獲得する

最大のヒットとなります。

そんな勢いにのってた同年末、

クリスマスアルバムを発表すると、

突然の活動休止、それぞれソロ活動に入ります。

 

3年の休止期間を経て、

2004年に待望の復活をします。

 

その時にリリースされた、

4thアルバム「Destiny Fulfilled」

ではビヨンセをリードボーカルにとり

中心人物という方針を変えました。

 

その翌年、初の来日公演を皮切りに

ワールドツアーを開始します。

 

しかし、ツアー中、突然の解散を発表します。

 

人気絶頂であったにも関わらず

ツアー最終のカナダ公演、

その後アメリカのテレビ出演の

パフォーマンスを最後に解散してしまいます。

 

その後ビヨンセとケリーは歌手や女優として、

ミッシェルは主に舞台での活動を行っています。

 

今でも本格的な再結成を、

世界中のファンが待ち望んでいることでしょう。

※歌詞和訳の依頼はこちらから


この記事の監修者

海外Music.jp
海外Music.jp
主に洋楽の和訳をしているサイトです。皆さんからの「そんな意味だったんだ!ここの意味は~じゃない?」などのコメントを頂き、楽しく運営しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ